インストール

02.インストール
CentOS6
oracle11gr2.alt
ORACLEサーバインストール

データベースのダウンロード

http://www.oracle.com/technetwork/jp/database/enterprise-edition/downloads/index.html

ソフトウェアダウンロード

サーバに設置


# cd /tmp
# mv /tmp/linux.x64_11gR2_database_1of2.zip /usr/oracle/tmp/linux.x64_11gR2_database_1of2.zip
# mv /tmp/linux.x64_11gR2_database_2of2.zip /usr/oracle/tmp/linux.x64_11gR2_database_2of2.zip
# chown oracle:oinstall /usr/oracle/tmp/linux.x64_11gR2_database_1of2.zip
# chown oracle:oinstall /usr/oracle/tmp/linux.x64_11gR2_database_2of2.zip

VMEsxiのビデオメモリを確認しておく

小さければシャットダウンして設定。
VMEsxiのビデオメモリ

VMEsxiのコンソールから作業


# su oracle
$ startx

  • 画面解像度の調整をしておく。
  • スクリーンセーバの解除

スクリーンセーバースクリーンセーバ-2

ターミナルを起動

ターミナル

$ cd
$ cd tmp
$ pwd
$ unzip linux.x64_11gR2_database_1of2.zip
$ unzip linux.x64_11gR2_database_2of2.zip
$ ./database/runInstaller

メールを入れて、チェックを外して、Next
01

チェックして、continue
02

真ん中を選択して、Next
03

上側を選択して、Next
04

日本を追加して、Next
05

Enterprise Editionを選択して、Next
06

そのままNext
07

そのままNext
08

そのままNext
09

Ignore All して、Next
10

Finish
11

ターミナルを新しく起動して実行
12

次の画面で、Close で完了。

$ vi ~/.bash_profile

# 最終行に追記
export ORACLE_BASE=/usr/oracle/app/oracle << こっちに直しておく

export ORACLE_HOME=$ORACLE_BASE/product/11.2.0/dbhome_1
export PATH=$PATH:$ORACLE_HOME/bin

$ source ~/.bash_profile
$ rm -rf tmp