VPSについて」カテゴリーアーカイブ

VPSのメリット

VPSの導入について、適しているケースを挙げてみたいと思います。

Linuxを勉強したい方

最近ではVMwareを利用して、手持ちのPCに同時実行できる別のOSをインストールするという方法も可能となってきています。

ただ、VMwareを利用する方法では、もともとのPCがそれなりのスペックであることを求められますので、手持ちのPC次第ではVMwareの導入も難しいと思います。

一昔前までは、練習目的のために使わなくなったPCや中古などを購入して台用意していましたが、現在ではVPSがあります。

月々1,000円以下で契約できるVPSもあるため、仮に2年間契約したとしても、24ヶ月×1,000円で、中途半端なPCを用意するよりも安くつくことになります。自分で機器を用意すると他に電気代などPC本体以外にも経費が掛かること、PCの騒音の問題なども考えなければなりません。

アクセスは少ないが、高度なサービスを提供している方

通常の共有サーバのように、レンタルサーバ会社が提供するapacheやperl、php、ruby、mysqlなどのバージョン、設定を決め、契約者の側で自由に設定ができないことに不満を持っている方。

そこそこのアクセスや収入を得ているケースですと専用サーバを導入していると思いますが、サービス開始の初期段階など、まだ今後のアクセスが見込めない状況では、専用サーバの費用負担は重くのしかかってくると思います。

特に、個人や学生の方ですと、サーバの維持費は切実な問題となります。(私自身がそうでした)

VPSでは、共有といえども、そこそこのアクセスに耐えられるくらいのスペックがあります。ただのhtmlでなく、がっつりシステムを組み込んだPHP+MySqlのサービスで、1万ページビュー/日くらいは、いまのところ捌けています。(あくまでも私のケースです)

このくらいの余裕があって、月1,000以下でとなると、非常にお得だと思います。

htmlメインのサイトで、アクセスが多い方

共有サーバで限界を感じつつ、専用サーバに移る踏ん切りがつかないサイトオーナーの方。サーバ契約後の設定については当サイトにお任せください。コマンド入力に苦手意識があるかもしれませんが、できるだけ分かりやすくご理解頂けるよう説明をしています。

VPSのスペックは結構高いですので、専用サーバに移る前のステップとして様子を見てはいかがでしょうか。

VPSとは?

当サイトのタイトルにもなっているVPSとはなんでしょう?

VPS・・・そのまま  「ブイピーエス」と発音します。

Virtual Private Server の略で、日本語にすると、「仮想専用サーバ」となります。

webに関わる方に身近な言葉ですと、「レンタルサーバ」の一種です。

「専用サーバ」は物理的な機器(サーバ)を一式まるまるレンタルする形です。

サービスを受ける側のユーザーとしては、専用サーバに非常に近い形でサーバをレンタルすることができます。違う言い方をするなら、OSの root 権限を渡されるので、「専用サーバ」さながら本当になんでも可能なサーバをレンタルすることができます。

専用サーバとの違いは、「仮想専用サーバ」という名のとおり、仮想になっているところでしょう。

物理的な機器は1つで、その中に複数のOSが共存している形です。仮想と聞いてVMwareを思い浮かべた方は鋭いです。VPS提供会社によって異なりますのでVMwareとは限りませんが、同様の仮想化技術を用いて、VPSが提供されています。

また、料金的にも専用サーバに比べてとても安く、1ヶ月のレンタル料金が1,000円を下回っているVPS提供業者もあります。

VPS契約ユーザーの側では、「専用サーバ」を扱う感覚でサーバを操作でき、お手軽な料金となっていますので、練習などのために機器を用意して自宅サーバを用意するよりも場合によってはお得になっていると思います。

自宅/自社サーバをつくる場合

私自身、業務をすすめていくうえで、開発サーバとして、自社LAN内に専用の開発サーバを設けております。

VPSもしくは専用サーバは、公開を前提とした本番サーバとなりますので、開発段階でのサーバというものが必要になります。

ここで、簡単に業務の流れをご紹介いたします。

  1. 受注を受け、仕様が固まる
  2. 開発サーバ(自社LAN内)にて、制作。
  3. アクセス制限を施し、お客様に開発サーバへのURLを提供
  4. お客様の了承を得るまで微調整を繰り返す
  5. 本番サーバへアップロードし、公開

時は流れて、いくつか変更の要望などを受けたとします。

  1. 開発サーバにて変更し、お客様に確認を頂く
  2. 本番サーバへ適用

その後は、大掛かりなリニューアルなどがなければ、上記変更手順を繰り返します。

上記のようなことを加味し、当サイトでは、自作サーバについても取り扱っていきます。

もちろん、自宅/自社サーバを本番サーバとしてお使い頂く場合でも作業としては同じようなものですので、VPSに限らず、webサーバに関わる方にお読みいただければ幸いです。